12月のインタビュー

December Interview

2020年 過去記事

2020 Interview Arhives

DJCW Director of Working Mothers' Group:

Noriko Nakane Danh

Q1. ずっと仕事を続けるにあたり、幼少(あるいは若いころ)影響を受けた人を一人か二人挙 げてください。

Who motivated you to pursue your long-term career? 

Answer

両親がやりたいことに全面サポートしてくれたことです。特に父親は学びの大切さ、そしてそこから得ることができる可能性の幅が広がることを教えてくれました。

折角そこまでサポートしてもらったのだから、これまで得た学んだことを活かして仕事でもなんにでもチャレンジして、そのチャレンジの種類の分だけ自分独自のCore competenciesを得てユニークな存在として社会に貢献することのできる場を模索し続けることがモットーとなりました。    

My parents were always supportive of me to try different things.  My father always encouraged me to keep learning and to broaden my possibilities of accomplishing my goals and finding purpose.  With the full support from my parents, I wanted to contribute as much as I could to society based on my experience and competencies that I gained through the different challenges I encountered.

Q2. アメリカに来たきっかけを教えて下さい。

       What made you decide to come to the United States?

Answer

小学校6年生に英語の塾に通い始めてから英語大好きな中学生でした。高校も県内で英語学習に力を入れている学校へ進み、高校2年生の時に短期交換留学プログラムでオクラホマの公立高校に来たのがきっかけです。その後、日本で高校を卒業してまたオクラホマの私立大学へ戻り、その後ずっとアメリカです。     

 

Since I started learning English as 6th grader, I fell in love with the English language!  I went to high school also known as having an intensive English program in Japan and joined their exchange program to study in a public school in Ada, Oklahoma.  After studying in Oklahoma for a semester, I went back to Japan and graduated from high school and came back to Oklahoma for college education and the rest is history!

Q3. 今後DJCWをどのように発展させていきたいですか?

       How would you like to develop DJCW?

Answer

生まれ育った日本を離れ、アメリカという地で仕事をしていく女性という3つの共通項を共有するグループが直面する特有なトピックや相互理解・サポートの場となっていけば良いなと思います。
日本とアメリカという国の両方、ひいてはその他の国へのグローバルな視点を向けた経験から得られる異文化理解を持つ者同士がそういった特有のバックグラウンドを持つことによって得る興味について、英語でも日本語でも自分が使い易い言語で相互理解を深める場となればよいなーと思っております。
また働くママグループのリーダーとして、働くことと子育ての両立のコツや悩みなどを共有することができるサポートグループを作って、このChallengingでRewardingな子育ての時期を楽しみながら共に乗り越えていける同士に出会える場所となればいいなーと思って日々邁進しております。みなさまのご意見・ご協力お願いします!

I want DJCW to be a platform for Japanese women who work in the U.S. to be able to share different topics and challenges through their unique experiences and support each other with their comfortable languages, “Japanglish”- mix of English and Japanese!
As a leader of Working Mother’s Group, I would like to create a friendly co-supporting group and hope this group will help each working mom to enjoy this challenging and rewarding stage of their lives.  I appreciate any suggestions and comments for the success of the group! 


 

Q4. これから社会に出てキャリアウーマンを目指している女子学生に対して一言。

       What is your advice for female students who are willing to pursue as career women?

Answer

女性は様々なライフステージによって環境がガラリと変わっていきます。そのたびに優先順位も変わっていきますが、毎瞬・毎回全力を尽くしている自分を労わってあげてください。
あの時こうしていれば、どうして今までこのことに気づかなかったのか?と思い自分を鼓舞し続けてしまいがちです。でも、「試してみることに失敗はない。 Experiments never fail. 」 ~マックス・エルモア~
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上に良い方法はない。The only source of knowledge is experience.」  

~アルバート・アインシュタイン~
というように、何事も試して・体験することに間違いはない!という思いで、もっと上手く出来たのではないかと後から思うのではなく、
試した自分を労わることを忘れず前進していこうというこの先人の言葉がキャリアウーマンの皆さんにも役立つようであれば嬉しいです。

I think women have different daily schedules/routines at different life stages.  And our priorities change at different stage of life as well.  I think it is important for the young professional ladies to practice self-love and acknowledge that they are doing their best at each stage.
It is natural for people to often find themselves thinking about their could-haves and should-haves in their past.  When that happens to me, I try to remind myself with my favorite quotes:
“Experiments never fail.” by Max Elmore
“The only source of knowledge is experience.” by Albert Einstein
 I hope these help for others, too.

11月のインタビュー

November Interview

 

DJCW Treasurer & Accountant: Akemi Yamashita

Q1. ずっと仕事を続けるにあたり、幼少(あるいは若いころ)影響を受けた人を一人か二人挙 げてください。

Who motivated you to pursue your long-term career? 

Answer

やはり両親でしょうか。母は私が小学校に上がる頃まで専業主婦でしたが、その後父の商売を手伝う為、毎日、店に出勤していました。その為自分のことは自分でする、自分で考える、という習慣が自然と身につきましたね。そして女性も家庭外で働くのが当たり前という考えが芽生えた様に思います。

 

My parents.  My mother started working for my father’s business shortly after I started elementary school.  Due to both of my parents working, I had to learn how to do things for myself and think for myself. Watching my Mother working outside of home, it began to seem more and more natural for women to work over time.

Q2. アメリカに来たきっかけを教えて下さい。

       What made you decide to come to the United States?

Answer

結婚です。2年間空手の修行をしながら英語教師をしていたアメリカ人の夫に大阪で知り合い結婚してしまいました。結婚後2年間、私の出身地阪神間で一緒に暮らした後、アイオワ州の医科大学に入学した夫についてアメリカに来ました。アメリカに来て35年になります。アメリカで生涯暮らすことになるなど全くの予定外でした。

 

Marriage.  I met my husband when he was Karate practitioner and English teacher in Osaka, Japan. After we were married for 2 years living in Ashiya, Japan, he was accepted into medical school.  The school was in Iowa, so we had to move to the U.S.  It has been 35 years since that move, and I am still here. Even though it was totally out of my plans for my life, though….

Q3. 今後DJCWをどのように発展させていきたいですか?

       How would you like to develop DJCW?

Answer

多くの女性が道を切り開いてきました。その先駆者の苦労や経験を後から続く女性達たちに伝え、もっと女性が個々の特性を生かし羽ばたける場を切り開く足場を作ってあげられるような組織にしたいですね。

 

Many women have previously and successfully established a place for all women in the business world.  I hope to pass on their stories and experiences to young women who are coming into work place, and that DJCW will provide the stepping stones for their success.


 

Q4. これから社会に出てキャリアウーマンを目指している女子学生に対して一言。

       What is your advice for female students who are willing to pursue as career women?

Answer

女性が家庭を持ち子育てしながら働き続けるのは大変です。でも家庭か仕事かを選択しなければいけない時代は終わったと思います。良き伴侶を見つけお互いがお互いの良さをひき出して協力しながら家庭と仕事のバランスをとり、キャリアを積む様にしていってほしいと思います。

We all know it is difficult to be successful in work place while still raising family, especially for women.  However, the era of women choosing work or home is ended.  I hope everyone find a good partner to bring out the best of each other and work together to have work/life balance and build their careers.

最後に一言。頑張りすぎて疲れたら私の茶室で一服しませんか。

 

DJCW Director of Public Relations: Anita Fujii

Q1. ずっと仕事を続けるにあたり、幼少(あるいは若いころ)影響を受けた人を一人か二人挙げてください。

       Who motivated you to pursue your long-term career? 

Answer

ずばり、両親です。父は同世代の男性に比べると先進的な考えを持っていて、私が何気に将来はキャリアウーマンになりたいと言ったところ、それはいいことだと言ってずっと応援してくれていました。

 

母は私を出産してからはしばらく専業主婦をしていましたが、私が中2の頃、親戚が開業した病院で医療事務の仕事をすることになり再就職しました。医療事務の経験がなかった為、通信教育を受け仕事が終わり夕食の片づけが終わった後毎晩遅くまで勉強していた姿が記憶にあります。また、月初めは10日ほど残業があり家事を完璧にこなしながら夜中近くまで働いていた母を見て育ちました。

 

I was influenced by my parents.  My father was more forward-thinking than other men of his generation.  He supported my idea of being a career woman for all his life.

 

My mother had been stay-at-home mom after I was born.  When I was in middle school, she started working as an accountant at our relative’s hospital.  She had no experience in the area and took distant learning classes.  She was studying until late at night.  She had overtime during first 10 days of every month and was working until midnight while she took care of her family impeccably.

Q2. アメリカに来たきっかけを教えて下さい。

       What made you decide to come to the United States?

Answer

アメリカには小4の時父の仕事で半年滞在、高2と大学3年の時交換留学でそれぞれ一年ずつ、そして日本の大学を卒業後日本で3年半ほど働いたのち、ある志をもってコーネル大学大学院に留学しそのままアメリカに残りました。

 

I was back and forth between US and Japan.  I spent 6 months in US when I was in the fourth grade because of my father’s work.  I spent a year as an exchange student when I was a junior in high school and university.  After I graduated from university in Japan, I was working there for three and half years.  Then, I studied at a graduate school at Cornell University to achieve my dream at that time and continued living in the US since then.         

Q3. 今後DJCWをどのように発展させていきたいですか?

       How would you like to develop DJCW?

Answer

DJCWを設立したYukoさん、Hoshiさんお二人の志を現コミッティーメンバーと共に支えていき、ダラス周辺、そして世界中の働く女性とコラボしながらお互いに高めあえていければと思います。

I would like to support the founders of DJCW, Yuko and Hoshi along with other committee members.  I would like to collaborate with working women around the DFW area as well as around the world to empower each other!

Q4. これから社会に出てキャリアウーマンを目指している女子学生に対して一言。

       What is your advice for female students who are willing to pursue as career women?

Answer

これからは肩ひじはらず男性、女性関係なく自然な形で当たり前に仕事を続けていけるような環境が整いつつあると思います。ぜひ、自分のやりたいことを見つけて仕事にプライベートに思いっきり没頭して充実した人生を歩んで行って下さい。

 

I believe our society allows us to seek our careers regardless of gender.  I hope you will find your work that you feel passionate about and put all your attention on your work and your life.

 

Q4. これから社会に出てキャリアウーマンを目指している女子学生に対して一言。

       What is your advise for female students who are willing to pursue as career women?

10月のインタビュー

October Interview

DJCW President: Yuko Kitamura

Q1. ずっと仕事を続けるにあたり、幼少(あるいは若いころ)影響を受けた人を一人か二人挙 げてください。

Who motivated you to pursue your long-term career? 

Answer

看護師として働いていた、母の影響があると思います。「女性は家事・育児に専念すべし」という考え方がまだ根強く残る中、母はいつも「女性が働けることは嬉しいし、幸せだと思う」と常に言っていました。そんな母を誇りに思います。そして、働く女性の一人として、今そんな母の言葉を痛感しています。

My mother, who used to work as a nurse in Japan, gave me a huge positive influence about working women.  Back in the day, women were expected to stay home to take care of household and children, but she always said that she was grateful that she could work. I can’t agree more!

 

Q2. アメリカに来たきっかけを教えて下さい。

       What made you decide to come to the United States?

Answer

英語を学びたい、そのためには留学が一番手っ取り早いだろうと思い、MBA取得に向けてUniversity of Louisiana at Monroeへ留学したためです。

“How can I learn English in the quickest & the most effective way?  Let’s study in the US!”  With this decision, I decided to study abroad and completed my MBA at the University of Louisiana at Monroe.

Q3. 今後DJCWをどのように発展させていきたいですか?

       How would you like to develop DJCW?

Answer

アメリカで働く日本人女性の一人として、同じ悩みや思いを抱えている人達のネットワークを広げ、サポートができればと思います。COVID-19によるオンラインシステムを逆手に取り、ダラスのみならず他の州、ひいては海外で働く日本人女性まで繋がれれば!?

と企んで(笑)おります。

As a Japanese woman working in Dallas, it is my wish to meet with other Japanese to network, connect, and inspire.  This COVID-19 gave us many great opportunities to get to know people via virtual online system.  I hope we can expand our network not only within Dallas but also with other cities, other states, and even other countries!
 

Answer

自分の人生が5年後・10年後にどうなるかなんて、全くわかりません。なので、恐れずに、ワクワクすることにどんどんチャレンジしていって欲しいなと思います。失敗しても、やり直せば大丈夫!いつも笑顔で、自分らしく働く一人の女性として頑張っていきましょう。

Who know what is going to happen 5 or 10 years later – so don’t you worry, just relax and enjoy what excites you the most.  Failure is the mother of success!  Always smile, be yourself, and enjoy your life as a proud working woman.
 

DJCW Vice President & Secretary: Hoshi Brooks

Q1. ずっと仕事を続けるにあたり、幼少(あるいは若いころ)影響を受けた人を一人か二人挙げてください。

       Who motivated you to pursue your long-term career? 

Answer

両親です。専業主婦の母からは、「自分のやりたい事を仕事に、そして自分で自分を養えるように」と、そして父は実際は色々あり大変だったそうですが、幼少の私には仕事を楽しそうにしていました。 


My mother used to encourage me to find something I enjoy doing as my work while I can support myself.  My father made his work look like fun even thought there were many hurdles that he did not share with his children.  

Q2. アメリカに来たきっかけを教えて下さい。

       What made you decide to come to the United States?

Answer

Washington State Universityへの留学です。


I came to the US to go to Washington State University for my undergraduate degree.  

Q3. 今後DJCWをどのように発展させていきたいですか?

       How would you like to develop DJCW?

Answer

世界で働く日本人女性を応援する会にしたいです。また、私個人が昔から温めてきた将来は日本とアメリカのかけ橋的存在になれたら本望です。

 
I would love to empower all working Japanese women in the world.  In addition, one of my personal goal is to become a bridge between Japan and the US.
 

Q4. これから社会に出てキャリアウーマンを目指している女子学生に対して一言。

       What is your advise for female students who are willing to pursue as career women?

Answer

行動する前に熟考し、自分の決断に自信と責任を持って下さい。そして、期限付きの試行錯誤も大切です。一つの扉が閉まれば次の扉が開くという慣語が英語にはあるように、時には目標を変える事も勇気です。

 
Contemplation before you act.  Be confident and have a responsibility for your own decisions.  It is good to do trial and error with the terms.  If one door closes, another one opens.  

 

© 2021 by DJCW